いちばん楽しんだのは、僕かもしれない。 1億冊の感謝を込めて。(スラムダンク 井上雄彦)