就職した。東京の男の子の前では、まだ飲んでいない。(東京新潟物語)