なんとなく好きで、その時は好きだとも言わなかった人のほうが いつまでもなつかしいのね(川端康成『雪国』)